農ガールさんと畑で汗してきました

先日修復した 明治時代からの屋根

何度も何度も修理され あちこちにくぎがささり 針金などで止めてある

材木から切り出したであろう 板

燃してしまおうと思っていたのですが

どれだけの苦労をして このいた一枚を作ったんだろう ・・・・・

そんな想像が広がり 燃せない気持ちに成ってきました

くぎを抜いて 元の一枚板に成るものも有

バールでくぎ抜き 活かせないものは やむなく燃やして 炭を畑に居れる そんな作業をした昨日

キチンと方ついて おさまるところに納まった 古い板たち

もしかしたら どこかで何かに役に立つかも・・・・・・

捨てられない私がそこに居ます

今日も良い天気♪

雨を待って 撒き物の続きをしたいと思っています

週末の雨は お出かけかけには 残念かと思いますが

農家にとっては恵みの雨

梅雨には梅雨らしい雨空の日が欲しいものです

感謝の日々No.157

 

Comments are closed.