今週初め 木曜日あたりから雨が降りそう という天気予報

もう少し乾かしたい藁ではありますが

雨の前に取り込もうと 農ガールさんと皆で 藁よせ

この藁は 来年畑の防草に使います 畑に漉き込んだりもします

稲を作っていない私たちは 近くの米農家さんから 藁を譲ってもらいます

その方が 田んぼを耕すまでに すべて回収しなくてはなりません

湿ったまま取り込むと 腐ってしまいます

まずは 刈り取った稲の藁束を 風通しの良いように 立てて 乾燥させます

そのあと 持ち運べる量の束にします

そして 保管する場所へ運びます

長雨で ぬかるんでいると 軽トラックが入れません そんな時は トラクターで回収します

トラクターのパワーはすごい!

皆で できるだけたくさん積み込んで 運びます そんな風景を映しました

青空とさわやかな風 気持ちのよい作業日和 みんなも大変ですが 笑顔ほころびます^^

かつては 藁を断熱に使っていたそうです

水道の凍結防止 家の周りに藁束を置いて 隙間風を防ぐ などなど

藁を立てて乾かす方法も 理にかなっている と いつも感心します

不便であったり 潤沢に物がない時代の 人の知恵

様々な場面で 先人たちの暮らしの知恵を想い 感心しきりです

原始的に見える中に 今につながる すべてが詰まっています

早くお日様が出て 次の田んぼの藁を片付けたい 願うような気持ちです

ここでは やっぱりテルテル坊主かしら^^

あ~した天気になあ~れ♪^^

 

Comments are closed.