昨日は 感動的な出会いが多かった^^ オープン準備をしていると 電話が”今日は営業してらっしゃいますか?”

はい 11時半オープンです^^

良かった~駐車場に来てるんです

の声

少し早目に扉を開けると 懐かしい笑顔が^^

あれ!でもちょっと痩せた~なんて思いながら歩み寄ると

力強い握手をしてくださった

寒いのでまずは店内へ テーブルに付くと思いがけないお話が

お聞きしながら 涙がこぼれそうになる

まだ早い時間ですから しばしお話をさせていただいた

命に係わる すごく大変なお話と 時として誰しもが陥りそうな出来事に 驚くばかり

次々にお客様をお迎えし 賑やかな店内

その方も笑顔のテーブルを過ごしてくださって 嬉しい嬉しい再会に 心が温かくなった

だって 与えられた貴重な数日の時間を ここディモアに来ることを決めて車を入らせてくださったんだもの

本当にうれしかった^^

ディナータイムのお客様とも 不思議なお話

大きな仕事を成し遂げた その方は 今まさに自分の人生を楽しんでいらっしゃいます

でも

僕はね 73歳で死んじゃうんだよ

なんて 笑顔でおっしゃった

何を言うのですか?と思いながら いろんなお話を聞かせていただき 自分と照らしてまた更に お話が深いところまで

思わず 今思うところを語らった

なんだか不不思議な一日

あとどのくらい・・・・・

たとえば マラソンの途中

きれいに咲く花たちを見て

大好きな人が 恋人になって 幸せだけれど ふっとふあいんになった時

大好きな家族 ペットと居ながら

車のガソリンの残量を見ながら

様々なことが浮かぶ言葉

あとどのくらい

今日は この言葉が 生きる と言うことに終始したような気がします

自分の人生 生き行く時間

誰もがわからないから ただただ一生懸命に日々を重ねる

若いころには 命の終わりなんて考えたこともない

一生懸命なようで 無駄に時間を使うこともしばしば

しかし 無駄なようでいて 無駄は無く それもまた若さに必要な時間

50歳になった時 しみじみと もう同じ時間は過ごせない しかも健康でただただ夢中でと言う時間はない

ふっと思った

もうじき60歳になろうとしている今

更に 与えられた時間の大切さ 貴重さを感じています

何をしたいか 何をしなくてはいけないか ・・・・・

時間の使い方を 想う

行きたくとも生きられない命がある

過去の歴史の中でも まだまだ死を迎えてはならない尊い命が その方の意思にはかかわらずに 奪われていった

悲しい時代があった

今 又別な意味で生きることの難しさは有るものの

生きられる!

生有る限り 黙々と今日すべきことに向かう

その大小に関わらず 日々一生懸命に 精神的満足の為に

それが幸せなことだと思う

出来なくなることもたくさんある

しなくてはならないことは徐々に少なくなる

それでいい

フランス研修の最後の方では 息子とたくさんこれからのことを話した

私たちのこれからは しまい方

生きてきて積もったものを どうしまってゆくか・・・・・

それが大切 僕らの為にも

と言う話をした

確かに 確かにそうだね

今 真剣にそのことを考え始めている

何をしたいか?

やっぱり大好きな仕事だな~

どこまでできるかは わからない

それを決めることも

自分 自分の生き方

今日出会えた方は 時折ある人生の節目について 体験の中からお話してくださった

また一つ ヒントの様なものを見つけ多様な気がする

ありがとうございます

31年 こうして出会ったかが支えてくれるもの 教えてくださるものの大きさをしみじみと感じた

素敵な一日でした

感謝です

^^

 

 

 

 

Comments are closed.